otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン国内の大企業は、PODEMOS党の経済戦略に慎重な姿勢をとる。

|

fotonoticia_20141202205715_644


スペインで行われた討論大会・スペインにおける競争と成長についてにて、スペイン国内の大企業、テレフォニカ社、レプソル社、バンキア社はPODEMOS党の経済戦略に対し、慎重な姿勢を意見交換し、スペインの競争力強化のため、政治家同士でのコンセンサスを得る必要があると意見した。


レプソル社長 アントニオ・ブルファウ曰く「PODEMOS党の2つの全く性格の違う経済戦略を読んだ。 一つはボリビア流で、もう一つはノルウェー流だ。 」

「人々は賢い。 将来の経済戦略に関して理解する。 しかし、人々は決めてかかるのを嫌う。 まして、このボリビアと、ノルウェーというのは全く違った社会構造を形成している。」

「スペインでは伝統的に、スペインは上手くやって来なかったという考えがある。」

「国民の根本的な問題として、物事が悪い方向に行っている時、ポジティブな部分をまったく見ない。」と発言した。


テレフォニカ社長、セサール・アリエルタ曰く「ドイツでも、アメリカでも上手くいっていることが証明されている。 スペインも彼らと同じように方向転換するべきだ。」

「この国に必要なのは、希望を持つことだ。 それが現実に実現していく。」「社会は変革を求めている。 それは世界的な潮流だ。」

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。