otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

Torre de Agua の社員食堂で昼食を食べてみました。

|

バルセロナにある高層ビルの一つTorre Agbarにお昼ごはんを食べに行ってきました。

バルセロナ水道局が所有していますが、去年の11月にハイアットグループが1億5000万ユーロで買い上げ、来年4月に引き渡されます。



当初このビルのてっぺんから水を流していたそうですが、近隣に水が散布され迷惑だったので現在は中止されています。

agbar27251



ビルの入り口は小さな公園になっていて、くつろぐサラリーマンの姿がちらほら。

DSC_0378



ほとんどの従業員が利用するレストラン。  この他に、重役だけが利用できる秘密のレストランがあるらしい。





ちなみにビル内はセキュリティーのため撮影禁止です。 レストランの壁には吸音材が張られており、音が反射しやすい円形の場所でも、人の話し声は気になりません。



こちらがメニュー。 無難に昼定食7.50ユーロを注文。




一皿目はEnsalada de judia tiernas インゲン豆のサラダ。

いたって普通のサラダ。

トマト、オニオンスライス、スイートコーン、ブラックオリーブ、インゲン豆大量。

味付けはオリーブオイルのみ。 塩コショウなどの味付けはセルフサービスです。

インゲン豆は固すぎず、茹ですぎず、丁度よい塩梅。 オリーブオイルも上等のオイルのようで、味付け不要なほど。

オニオンスライスも、水にさらして辛味を抜いてあり、においもさほど気になりません。



2皿目はPicadillo habanero ハバナ風ライス

DSC_0383

ハバネロと表記してありますが、キューバのハバナ風という意味です。 

決してあの唐辛子の王者ではありません。

お米はタイ米で微妙に芯を残しております。

ソースはミートソースを甘口にした感じ。

お米と一緒に食べると芯が残っているせいか、甘口ミートソースにサクサクとした食感がアクセントになりグッド。



デザートはヨーグ。。え?   え?

なんと市販のヨーグルトが出てきてしまいました。

他の人たちは、マンゴーのアイスクリームやら、フルーツポンチなどを食べていました。

これしかも、、、、欧米表記だから賞味期限が今日。。。。 12月1日になっています。

やられました。(笑)



このレストランでは日本のように水は無料。

デザートを食べた場合、コーヒーは別料金になります。


7.5ユーロでバルセロナの街並みを見ながら優雅にランチを食べられるので文句は言えませんが、ヨーグルトは失敗でした。

また、観光客用にビルの観光ツアーも時々ありますが、このレストランには入れません。

そういう意味では貴重な体験でした。



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。