otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

電気代が今年の一月から12.4%値上げされていることが判明。

|

FACUA(消費者団体)によると、電気代の請求額が今年の1月から約8.39ユーロ上がり12.4%ほど値上げされていることが分かった。


一般家庭における電気代の支払いは、昨年同月に比べ1.8%落ち込んだ。 


EUの国際裁判では、スペイン国に対し電気代及びガス代の値上げに関して明記しなければないとの判決が10月23日に言い渡された。 これを実質的に実行されていないことから、消費者団体FACUAは政府に対し情報開示を求めた。 また、政府に対し「スペイン国民は中央政府に対し、告訴できる」と発言した。


電気代の変遷

たとえばこの一月に67.62ユーロを払った消費者を例にとると。

2月、3月は66.33ユーロ

4月  63.98ユーロ

5月  71.46ユーロ

6月  75.31ユーロ

7月  73.88ユーロ

8月  75.87ユーロ

9月  80.63ユーロ

10月 80ユーロ

11月 76.01ユーロ


キロワット毎の料金の変遷をみると。

1月 13.93センティモ

2月 12.76センティモ

3月 12.76センティモ

4月 12.12センティモ

5月 14.17センティモ

6月 15.22センティモ

7月 14.83センティモ

8月 15.37センティモ

9月 16.67センティモ

10月16.50センティモ

11月15.41センティモ

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。