otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

デポルティーボ・フットボールクラブチームのファンがアトレティコ・フットボールクラブチームとの暴力行為で死亡

|

ガリシアのフットボールクラブチーム、デポルティーボとマドリッドのフットボールクラブチーム、アトレティコのフーリガン同士の間で暴力行為が発生。 43歳のデポルティーボファンが死亡した。 ビセンテカルデロンスタジアム近くのマドリッド川で事件は起きた。 20:40分ごろから暴動がおき、警察を含め10名のけが人が出た。死亡したフランシスコ・ハビエル・ロメロ・タボアダ氏はコルーニャ出身。 現在までに20名が逮捕、30人が指名手配。


警察の情報によると、この暴力事件にブカネロ(Rayo・クラブチーム(マドリッド)のフーリガンで超左翼)も参加していたとみている。 ガリシア側は60人余りがサン・ルフォ通り、ビルヘンデルプエルト、エルミータ・デルサントに陣取った。 最終的には180人に膨れ上がった。 


目撃情報によると、武装した50人余りのアトレティコファンがコルーニャでバスを待っていた。 間もなくしてガリシア側が喧嘩を仕掛けてきた。 10人ほどがけがをした。 デポルティーボファンの一人がナイフでの刺し傷を負う。 2名が川に投げられ、一人は自力で脱出、一人が死亡。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。