otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

約300人が人並みの生活を求め、フラッシュモブに参加。

|

バルセロナにあるサン・ジャウマ広場でこの木曜日300人余りが参加するフラッシュモブが行われた。 モットーは「普通の生活を。 すべての人に住む場所を。」


参加者は広場の中央に小さな段ボールでできた家を置いた。 「司教区の顔バルセロナ支部」(Caritas Diocesana de Barcelona)の掲げる「住居なきところ生活なしプログラム」を踏まえた「普通の生活を。 すべての人に住む場所を。2015」を主張した。


この団体による情報だと、バルセロナには3000人ほどが家を持っておらず、慈善団体群Red de atencion a las Personas sin hogar によると2013年には、870人が路上で生活をし、1451人が慈善団体が用意した設備に住み、595人が定住していない。



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。