otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

Podemos党は公の資金流動性を増やし、勤務時間を週35時間に減らす提案をした。

|

経済学者のビセンス・ナバロ氏と、ジョアン・トーレス氏はこの木曜日、パブロ・イグレシアス(できる党党首)と、カロリーナ・ベスカンサと共に、できる党の経済戦略を発展させるための文章を発表した。 内容は、週35時間の労働時間にし、年金と給料の引き上げである。


この文章の内容は、党の経済戦略に則っており、これには従来の民間の銀行及び公共の銀行の流動性を高めなければならない。


この60ページに及ぶ文章のタイトルは「国民のための経済計画」で、この二人の経済学者が説明するには、現在の経済状況を早急に改善させるためには年金の引き上げ、賃金の引き上げ、金利収入の引き上げなどを銀行側と同意しなければならない。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。