otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

経済学者は職業訓練を増やし、向こう十年のヨーロッパでのカタルーニャ州の競争力を強化するべきと州政府に進言した。

|

カタルーニャ州は職業訓練を倍以上に増やし、向こう10年間で平均的な労働者のレベルを欧州のそれに近づけるべきだとカタルーニャ経済学未来研究クラブの協力による研究結果がでた。


正確にいうと、25歳から64歳の就労者のうち44%は教育レベルが低い。 22%は中程度、34%が高等教育を受けている。 ちなみに、ヨーロッパ平均は、22%が教育レベルが低い。 48%が中程度で、30%が高等教育を受けている。 職業訓練校(Formacion profecional)の教授であるロラ・ロペスは記者会見で次のように発言した。「もし何もアクションを起こさなければ、私たちは欧州の平均から後れを取る。 25歳から39歳を例にとると、次の10年でヨーロッパ平均に近づくには、現在の4倍ほど中程度の専門授業の量を増やし、総合中等教育の内容を20%減らさなければならない。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。