otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

La Izquierda Plural(左翼連合)は国会にて立ち退きさせられた人たちの問題を焦点に当てる。

|

左翼連合 (IU・左翼連合、ICV・カタルーニャ緑の党、CHA・アラゴンによるチュンタ)は来週国会の質疑応答にて、スペイン国内の住民の立ち退きに関する問題を経済産業大臣のルイスギンドス氏(最終的に誰が答えるかは政府が決定すのだが。)に投げかける予定である。 内容は、住居購入資金の抵当権が無くなる支払い猶予2年間に関してと、住居を追い出された人の受け皿に関してである。


バルセロナ出身の政治家であり、労働組合活動家であるジョアン・コスクビエラ氏曰く、「ここ2年、政府はただ立ち退きを命じられた人たちの支払い能力の無さを証明してきたにすぎず、そのような人たちを減らしていこうという努力をしていない。」

スペインの国勢局INEによると、2014年の第2四半期だけで、32,960人もの住宅差し押さえがあった。(2013年同時期にくらべ14%増)

Consejo General del Poder Judical(司法審議会)によると、4月から六月の間の強制立ち退き数は3.5%増の18,749件に上り、抵当権の未払いが17.2%増えたという。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。