otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

年末商戦に向け、65万人の雇用が見込まれる。

|

年末商戦が近付く中、昨年と比べ労働者の需要が大幅に増える見込みである。

2007年以来の65万人ほどの需要が見込まれている。



消費者の財布が緩むこの時期に向け、中小企業を含めた多くの会社は販売員を増員して年末商戦に挑むつもりだ。 エル・コルテイングレスではここ6年で最大規模の2千人の増員である。 またToys”R”Usスペイン国内全体で1500人規模、Seurは1.300人。 Amazonでは、280人を正社員として雇用する予定。


全体的に、小売企業が予測するに、ここ7年で2014年は最大の売り上げを見込んでいる。 この時期は、1年を通して20%の売り上げを上げる。 また、おもちゃや香水部門では50%以上に及ぶこともある。


一方で、家電などを扱う企業では、オンライン販売に力を入れており、配達料を値下げしたり、もしくは無料にするところもある。 “Showroomprive”の情報によると、スペイン人の16%がインターネットを介してプレゼントを購入する予定であるという。



年末商戦では誰が仕事を探しているのか。

一般的に、この時期に若者たちが初めて仕事に就いたり、また学費を稼いだりしている。 しかし、この不況ではそれもままらない。 特に失業率が危険水域に達している国では。

人材派遣会社Randstad社の情報によると、この時期の一時的な労働者は、25歳から40歳が中心だ。



この時期は特にサービス業の需要が多い。 たとえば、レストラン・コスメティック・香水・家電・おもちゃ・食料品・オーディオビジュアルコンテンツ・運送・流通・旅行業等だ。 

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。