otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

アグバル(Agbar)は、公証人の前でATLLが支払わなかった990万ユーロを口座に預けた。

|

アイグアス・デ・バルセロナ(Aigües de Barcelona)社はアグバル社(85%)とAMB社(15%)の持ち株会社であるが、アクシオナ社(Acciona)による買収の取り止めを待つ間、アイグアス・テル・ヨブレガット社(Aigües Ter-Llobregat)が払わなかった990万ユーロの資金を公証人とともにある口座に預けた。

アグバルの情報筋によると、この口座はアクシオナ社による買収の取り止めが行われるまで、恒久的に存在するとのこと。この措置は、先月の10月31日に送信証明付きファックス(BUROFAX)が、アイグアス・デ・バルセロナ社からATLLに送付され、その内容は、990万ユーロの保障をするという旨だった。

アグバルによると、最高裁判所の判決後、カタルーニャ州はアクシオナ社と契約を破棄すべきであり、その企業管理を州が行うべきだと主張。 しかしながらアクシオナ社同様、カタルーニャ州はこの買収は違法ではないと主張している。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。