otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

トーレス・ドゥルセ氏は、カタルーニャ州知事に対する告訴をしないというカタルーニャ州検察側の決定を受け、スペイン検察執行本部を召集した。

|

トーレス・ドゥルセ氏は、カタルーニャ州知事に対する告訴をしないというカタルーニャ州検察側の決定を受け、スペイン検察執行本部に召集した。


最高検察官エドワルド・トーレス・ドゥルセはこの水曜日、9-Nの一連の騒動に関して州知事であるアルトゥール・マス氏への告訴を最高カタルーニャ州検察が取り下げたのを受け、スペイン検察執行本部に召集される予定。


この検察執行本部は、検察省法27条により、マス氏に対して告訴をするかどうか、連邦検察側とカタルーニャ州検察側の意見の違いを受け約20人の様々な専門家が集められる。


トーレス氏はこの月曜日にマス氏に対しカタルーニャ州最高検察官が告訴するよう働きかけたが、当人であるホセ・マリア・ロメロ・デ・テハダ氏曰く、「マス氏に対する告訴は妥当でないと、今晩遅くにトーレス氏に伝えた。」

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。