otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

裁判官はカタルーニャ銀行に対し、劣後債の説明不足により、8万ユーロの返金を求めた。

|

バルセロナ裁判所は、劣後債の詳しい説明を怠ったとし、購入者に対して8万ユーロの返還を求め、契約を破棄するよう求めた。


当該金融商品に関して然るべき説明がなされておらず、購入者の動機を揺さぶり購入させた。とバルセロナ29日第一審判決では言い渡された。 裁判官曰く、この金融団体(前カイシャ・カタルーニャ)は金融商品の性質や、危険度を詳細に説明する義務があった。 しかし、実際には金融商品の得をする面だけを強調し、購入者が損をする場合の説明を無視、もしくは歪曲して伝えた。


損害賠償を請求した購入者の弁護士、エステバン・ゴメス・ロビラ氏曰く、往々にして銀行はクライアントの金融商品に対する理解不足を知りながら、販売している。

原告は金融商品に対して、これで経験をきちんと積んだかどうかわからない。 劣後債というのは、とても複雑なテクニックを要する金融商品である。と、裁判官は締めくくっている。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。