otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

ラホイ首相は土曜日、カタルーニャ州に来て9-Nに対する態度を表明する予定。

|

PP(国民党首)及びスペイン国首相のマリアノ・ラホイ首相はこの土曜日にカタルーニャ州に来る予定。 9-Nの約二週間後のことである。 この来州で、ラホイ氏は9-Nに関する態度、つまりカタルーニャ州自治権を認めない姿勢を明らかにする予定だ。


G20サミットが行われているオーストラリア、ブリスベーンから首相は次のように発言した。「カタルーニャ人たちの利益を守るため、私はカタルーニャ州になるべく早くいかなければならないと思っていた。」「これまでの私の姿勢とその理由をきちんと説明しなければならない。」



今日、アルトゥールマス氏の書簡に応える予定。


ラホイ氏は、この来州で発表するアイデアの幾つかを先に述べた。 「私は次のことを言おうと思っていた。 それは、私たちはスペイン人であり、カタルーニャ人であり、ヨーロッパ人であり、G20の枠組みの中に住んでいる。 さらに、今日、世界は孤立というものに都合が悪い。」 また、ラホイ氏はオーストラリアから、今日中にアルトゥールマス氏の書簡に対し、何らかの回答をすると語った。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。