otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

11月17日から20日までマドリードにて写真と車についての第八回国際会議が開催される。

|

車のデザイナーで著名なジオルゲットー・ギジアロ、写真家のピーター・バン、ダニエルカノガール、アンドリュー・ブッシュ、クリスティーナ・ガルシア・ロデロ、歌手のミゲル・リオス、映画監督のホセ・ルイスクエルダ、アイボリープレスの創設者でありディレクターのエレーナ・オチョア・フォスター、他多数の著名人が参加予定。


この写真と車についての国際会議は四日間、マドリードのAvda.General Peron40BのMapfre財団の公会堂で開催される。


この期間、その道のエキスパートが熱いディベートを繰り広げる予定。


17日月曜日は、19時からエレーナ・オチョア・フォスター女史が”カメラからみる車”について。 また、ジオルゲットーギジアロは、”デザインと写真は世界共通語”について語る。

18日火曜日は、19時30分からダニエル・カノガール、ホセ・ルイス・クエルダ、作家のグスタボ・マーチン・ガルソ、ジャーナリストまた、脚本家のマウリシオ・ビセント、歌手のミゲル・リオスが”文化の象徴としての車の在り方”について討論する。司会進行役はジャーナリストのアンヘル・サンチェス・ハルギンディ。

19日水曜日は、19時30分から、アンドリュー・ブッシュ、写真家のイーストン・チェン、マドリードComplutense大学、芸術史教授のエストレーヤ・デ・ディエゴ、プジョーのマーケティング、コミュニケーションディレクターのグイァウメ・コウジーは”写真の車・羨望の形”について話し合う。 司会進行役は、バスクのオーディオビジュアル科社会科学大学のラモン・エスパルサが務める。

会議の終わりを飾るのは、クリスティーナ・ガルシア・ロデロが”報道記者の創作過程”について話す。


詳しくは以下のホームページへ。

http://www.fundacionbarreiros.com

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。