otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン国内の銀行はCastor(海上地下ガス貯蔵施設)の賠償のため、Escalに対し約13億ユーロの賠償金を支払い終えた。

|

金融関係者によると、Escal UGSに対する海上地下貯蔵施設に関する賠償金の支払いを実行した銀行組合は、約13億ユーロを支払い終えた。


この金額は今後ガスの利用者が支払わらなければならず、4.2%の利子で30年かかる。

この支払は2016年から始まり一年で1億ユーロずつ払われる予定である。


政府はこの一億ユーロという出費を何も使われなくなった施設に対し支払っていかなければならない。


2013年末に起きた地震をうけ、EscalはCastorプロジェクトを諦めなければならなくなり、現在ではいかなるオペレーションも禁止されており、実質プロジェクトは凍結された。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。