otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペインの検事総長、ドゥルセ・トーレスはマス氏に対して訴訟するかどうかをカタルーニャ州の検事に委ねる。

|

スペインの検事総長であるドゥルセ・トーレスはアルトゥール・マス、カタルーニャ州知事及び何人かの大臣に対する9-Nに参加した事に対して訴訟するかどうか、判断基準をカタルーニャ州検察に委ねる予定だ。


11月12日水曜日にトーレス氏は検察本部でカタルーニャ州上級検察官ホセ・マリア・ロメロ・デ・テハーダ、とそのナンバー2フランシスコ・バニャレス氏とともに1時間半の会議を行い、その内容を明らかにした。


会議後、検事総長は公共省の行動が合法であり、平等であったかというスペイン国検察当局の決定をカタルーニャ州上級検察局は分かるだろう。


また、選挙に参加した事が刑事事件として扱えるかどうかも協議した。


また、検察はカタルーニャ州警察モソッス・エスクアドラの長官に選挙で使用された公共の場所を誰が開放したのか、また文部省がその支持をだしたのかを捜査するよう、今週末通知する予定だ。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。