otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

バルセロナ開催中の年間イベント「教育サロン」 中国大学も初参加するが、スペイン軍が話題の的に

|

来年で30周年を迎えるバルセロナの「教育サロン」は3月14日から18日にかけて、中高学生に進路選択、進学、大学の新しい学位コース、職業紹介などについて、オリエンテーションの手助けをする年間イベント。参加者10万人が予想されている今年では、カタルーニャ州が学問において提供できる分野様々のオファーを紹介する。目に新しいのは留学プランなどでカタルーニャの学生の興味を引かせたい中国大学の存在。


Salo ensenyament*フィラ・モンジュイックで開催される教育サロンの様子


しかし、数年前から州議会やバルセロナ市役から参加の遠慮を求めてきている、当イベントに情報スタンドを持つスペイン軍は今年も話題の的になっている。「教育イベントに軍の居場所はない」と訴えるグループはイベント敷地内で小規模デモを行い、主催側にも苦情を申し立てた。


これに関して、スペイン国防省の代表としてルイス・カストゥエラ大佐は「国防省が提供する教育オファーの情報を知らせるのは国民にある権利」と指摘した。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。