otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

欧州人権裁判所 スペイン前国王の写真を燃焼した事で罰金を受けた2名に賠償金を出すようと命令

|

2007年にカタルーニャ州・ジローナで行われた反君主制デモの最中、前国王フアン・カルロス1世とソフィア王妃の写真を燃焼した事で、スペイン全国管区裁判所王家に対する侮辱として、当事者2名に15ヶ月間の懲役を科したが、結局2700ユーロ(約35万円)の罰金に軽減。


Foto rey


しかし、フランス・ストラスブールに設置されている欧州人権裁判所は、この行為を「表現の自由」とみなしており、当時科された2700ユーロ罰金の返金に加え、自由権侵害の賠償金として更に9000ユーロ(約120万円)の支払い命令をスペイン政府に出した。


欧州人権裁判所は、初めに検討された15ヶ月間の懲役を「過剰」と見る他、問題の写真燃焼が更なる暴動のきっかけにならなかった故、「政治的批判」の範囲内にあるという。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。