otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

欧州強豪レアル・マドリード 国内1部リーグで苦戦、RCDエスパニョールにも敗戦

|

本シーズン、暗礁に乗り上げているレアル・マドリードはスペイン1部リーグ26節にて、州都バルセロナのもう一つのチーム、RCDエスパニョールと対戦するが1-0で敗戦する。FCバルセロナアトレティコ・デ・マドリードに次いでリーグ3位をキープする。


Madrid espanol

*リーグはもう眼中にないマドリードにとって、残されているのはチャンピオンズリーグのみ。写真は公式Twitterから


試合終戦間際、延長時間中にエスパニョール在籍のFWジェラール・モレノ選手(25)は華麗なボレーシュートで唯一の得点を決める。なお、今回のレアル・マドリードに対する勝利は実に11年ぶりとなった。エスパニョールは本シーズンで他にリーグ1・2位のバルサとアトレティコにも勝利を収め、強敵ほど盛り上がる模様だが、ランキングで13位にとどまる。


一方、レアルに関しては欧州CLで3月6日(日本時間で7日)に行われるパリSGとの第2試合に向けて、主戦力のクリスティアーノ・ロナウド選手は温存された。これに加え、負傷しているモドリッチ、マルセロとクロース選手らも不参加し、ジダン監督率いるチームは万全の状態で挑めなかった。こちらは試合のハイライト(リーグ制限のため、Youtubeに移動する必要がある)


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。