otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

「更新」シベリアから迫るヨーロッパを襲う寒波 ローマにも降雪を残し、スペインに到来

|

Rome colosseum
*ローマ名所コロッセオの雪景色。写真はEPAのAngelo Carconi氏から


シベリアの寒風を指す「東からの猛獣」と英国メディアが呼称する、現在ヨーロッパを襲っている寒波はイタリアの首都、ローマに6年前以来の大雪を残し、悪天候の影響に慣れていない都市を麻痺しかけた。交通問題が起きたものの、ローマ地元の人も観光客もコロッセオサン・ピエトロ大聖堂前の様な名所が提供した綺麗な雪景色を堪能できた:



一方、国立気象局(AEMET)はスペイン北西から北東にかける、半島北部を襲う本月2度めの寒波について注意報を出しており、カタルーニャに至ってはジローナ県道で既に発生している路面の凍りつきや積雪に対応するため、州政府が降雪緊急プラン「NEUCAT」を発動させたが、州民安全局のジュアン・デロルト局長によると、重要視とされているのは火曜日の晩から水曜日にかける降雪予測


Snow cataluna3

27日(火)、カタルーニャ州内陸で降った大雪の影響により、生徒4308人が通学ルートを使えず、州政府は特別に午後4時から7.5トン以上のトラックの交通を制限させた。また、後日28日(水)に先立って、バスによる通学が休止と発表され、地方の学校を休校にさせる考案も検討中である。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。