otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

日本の桜花学園大学 新教育法を実施するバルセロナの教育センターを訪問

|

愛知県にある桜花学園大学(Ohka Gakuen University)の保育学部学生、及び教員で構成されたグループはShareBarcelonaが用意したスケジュールに基づいて、バルセロナで普段とは違う教育法を実施する教育センターを訪れた。


Share1b


一つ目は生徒の成績のみならず、身体運動、精神、認知力、思考力や適切なコミュニケーション技能の向上を目指す「Escola Sadako」(サダコ学校)。他には大きさ、手触り、重さ、材質にこだわる木製玩具で児童の五感を刺激して学ぶモンテッソーリ教育を実施するMA Espai Educatiu(教育スペースMA)を2日間にわたり訪問した。


Share2b


桜花学園大学の学生・教員グループは低学年の児童に用意されているパン作りなどのアクティビティ、教室内、場合によっては屋外でする遊びと利用される遊具、現地教師の体験について興味を示し、名古屋でも活躍できる情報や経験を集めることができ、有意義な訪問だったと評価した。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。