otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

カタルーニャ独立賛成への支持率、3ヶ月間で激減する

|

カタルーニャの意見研究センター(CEO)が集めたデータによると、カタルーニャ独立賛成への支持率は3ヶ月間で急減したと発表。


Independence drops


2017年10月当時のレポートでは、州の独立について賛成と答えた対象者の割合は48.7%と記録されたが、2018年1月10日~30日の間、対象者1200名に行われたアンケートの結果で40.8%にまで下がる。独立プロセスが4年前に始まって以来、最も低い支持率となっている。


8%減少の背景には、違憲とみなされた10月1日の住民投票、プッチダモン氏の無効とされた一方的な独立宣言、州政府を解任させたスペイン憲法155条の適用や12月21日に開催された州議会選挙と前州議会議員の拘束、または逃亡のニュースなど要因が考えられる。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。