otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

人工知能の発展と仕事を奪われるリスクの関連性を調査する英レポート

|

人工知能は労働市場に根付くのは2030年頃、と長期にわたる見込みがされているが、日本やスペインを含む29ヶ国の労働市場に基づいた分析で、ロンドンを本拠地とする世界4大会計事務所・総合コンサルティングファーム(Big 4)の一角PwCが製作したレポート「Will robots steal our jobs?」(我々の仕事はロボットに奪われるか?)によると、その時は34%もの職場がオートマチックのリスクにあるという。


Ia robot ethic

*バルセロナのMWC2018で紹介されたロボット


レポートでは、2020年代初期に人工知能の発達で影響を受ける現存する仕事は3%程度に過ぎないものの、成長中の新技術が安定すると、2030年代中期頃には 全職場の約30%が自動化される危険性が顕著になる。


短期的に見ると、多量データの迅速な分析や評価を求める 金融業界は正確なアルゴリズムの発展につれ、オートマ化の打撃を受けると予測されているが、人を必要としない自動運転車の開発が運送業界にも長期的な影響を与えると見られている。対照的には、社会技能を重要視する健康・福祉業界、または教育界は比較的に影響を受け難いとされている。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。