otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

首都マドリードで「運転手付きレンタカー」が集中攻撃を受ける 2日間で50件

|

スペイン国立自動車連盟(Unauto)は2日前から首都マドリードで起きている運転手付きレンタカーに対する「暴動」について、注意を呼びかけている。Unautoによると、被害にあった自動車、或は運転手は投石、または酸や剥離剤をかけられ、数人で構成される過激的グループの罵詈雑言や脅迫などを受けたケースは50件にまで上ったと報道する。そのうち1名は6人の総攻撃により眼窩に損傷を負い、現在は整形手術を待っている。


Vehiculos utc


同連盟のエドゥアルド・マルティン会長は法律に従いながら仕事をする一般市民への攻撃を嘆きながら、政府当局に対して手に負えない事の重大さへの援助、未だ逮捕されていない加害者に相応しい刑罰を求める。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。