otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

「動画」平昌五輪でメダルを狙うハビエル選手 SP終了時に2位確保し、土曜に決着!

|

スペインのフィギュアスケート選手、ハビエル・フェルナンデス氏(26)にとって、現在開催中の平昌オリンピック表彰台に立てる最後のチャンスという全キャリアの肝心な時に、絶好調の演技を披露した。マドリード出身は男子ショートプログラム(SP)項目で107.58点を獲得して、現チャンピオンにしてハビエルの練習相手でもある羽生結弦選手(23)の111.68点に次いで、2位を確保している。 こちらは選手がチャップリンの「Modern Times」主題歌に基づいた演技:



1月にモスクワで開催されたヨーロッパフィギュアスケート選手権6連覇を見事に成し遂げたフェルナンデス選手は、アメリカ出身の強敵とみなされたネイサン・チェン氏(18)が演技中のジャンプ失敗により、表彰台を狙える立場にいる。 優勝者は土曜日に行われるフリースケーティング(FS)によって決定される。


最後に、2007年・2011年世界選手権各優勝の実績を有する元フィギュアスケート選手、安藤美姫氏が自身のTwitterアカウントで本日の男子演技を一人ずつ解説した。こちらがフェルナンデス選手に対する評価:


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。