otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

「動画」バルセロナ冬祭りの途中、人間塔に登る8歳児が墜落

|

カタルーニャ州都・バルセロナで開催中の聖エウラリア祭りでは、同州の歴史ある伝統的な人間塔組み上げの途中で、塔を完成する役割を持つてっぺんに登った8歳児(アンシャネータ)はイベントの一環として、市役所のバルコニーに引き上げられる予定で、そのため布を掴むが墜落する羽目に。



息を呑む数秒だが、幸いに墜落事故の被害者である8歳児は無事だった。その時、バルコニーにいた州国民党のアルベルト・フェルナンデス党員も同瞬間を違うアングルから録画していた:



カスタリェース(Castellers)とは、カタルーニャ地方で200年以上続く民族的な風習である。規模によって数百に及び得る男女集団が隙間なくベース(土台)を作り、その上に3人ほどの「段」を組み上げ、できるだけ高い人間塔(カステイ、カタルーニャ語で城を意味する)を目指す。また、塔の組み上げを完成するには団体に属する「アンシャネータ」と呼ばれる子供がてっぺんに登らなければいけない。先ほど完成と言ったが、塔の無事解体も「カステイ」の成功に必要な条件である。2010年11月16日からはユネスコの無形文化遺産に記載されている。

カタルーニャ人間の塔団体 国民党のスペイン宣伝ビデオに表示され、削除を求める

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。