otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

バルセロナで「タバルニア」独立運動のデモが実施 約1万5千人が参加

|

10月にカタルーニャで行われた住民投票のとき以来、理不尽な政略で欧州脱退や続々と撤退した企業のリスクに圧迫を感じた バルセロナやタラゴナ市民の一部はカタルーニャから独立して、スペインと欧州に所属し続けたい「タバルニア県」の設立を求める声が近日上がってきている。


Tabarnia demo2


タバルニアの独立運動の ジャウマ・ビベス代表は、マドリードの記者会見でタバルニア県民の権利と自由を求めるデモを実施すると発表した。これは2月25日(日)、昼12時にバルセロナのウルキナオナ広場のほど近くにあるラファエル・カサノバ像から行進しはじめるはずだったが、同市で開催された2018年のモバイル・ワールド・コングレス(MWC)と日付が被った為、更なる不安を煽らない様に3月4日にまで遅延された。


Tabarnia demo3


バルセロナ市営警備隊「Guardia Urbana」によると、デモに参加した支持者は約1万5000人だったという。その中にスペイン国旗とカタルーニャ州旗をはじめ、ヨーロッパの旗、マドリード州旗さえも持参した人も確認された。また、ビベス代表はタバルニアの目的がカタルーニャ独立運動の理不尽さを反映させる事であると改めて説明した。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。